WSL Hyuga Pro – 5th

10月9日から13日まで、宮崎は日向、小倉が浜でWSL『Trump Hyuga Pro』が開催されました。
結果は5位タイでした。
今年の夏は自分の体調管理ができておらず、散々な結果でした。
しかしその分学ぶことも多く、改めて自分の身体を知ることができたと思います。
今回の試合では波も良かったおかげで、徐々に自分のサーフィンを出すことができました。
まだ全体的に筋力や柔軟性が足りていないと思いましたが、
少しずつ自分のサーフィンが戻りつつあり、しっかりとパワーアップさせて来年に向けて整えていきたいと思っています。

 

Photos:Sadahiko Yamamoto
yujiro tsuji_U0A1274arashi_yujiro_C2A5976yujiro tsuji_U0A6629yujiro tsuji_U0A6784

JPSA Tahara Open – 13rd

今回の伊良湖は体調が回復せず、改めて体調管理の難しさを知りました。
次のコンテストはアメリカ・バージニアです。
2年ぶりのバージニア、自分らしいサーフィンをしたいです。

 

Photos:Sadahiko Yamamoto
yujiro tsuji_U0A5399yujiro tsuji_U0A3920

kochi

WSL Murasaki Shonan Open – 25th

Shonan Openは25thでした。
勝ち上がったヒートでの体力の消耗、自分の体調管理がなっていませんでした。

 

一方、試合の合間には湘南に素晴らしい台風スウェルがヒットし、仲の良いライバル達と
リーフブレイクや滅多に決まることのない素晴らしいシークレットビーチでのバレル&エアーセッションと充実した日々でした。
今回は葉山にステイしていましたが、毎日たくさんの人々が海に訪れていて、
海沿いを行き来しているので渋滞になるべくはまらないようにするのが大変でした。
しかしこんなに沢山のギャラリーが見てくれるコンテストは、やはりここ湘南しかないかなと改めて思いました。

 

今は四国に帰ってきましたが、湘南とは正反対の静かなここ地元でゆっくりと身体を休め、次の試合までに整えていきたいと思います。

 

Photos:Sadahiko Yamamoto
yujiro tsuji_U0A3867yujiro tsuji_U0A3987yujiro0005yujiro tsuji_U0A4105

JPSA Izu Shimoda Chiampion Pro – 5th

今回の伊豆はセミファイナルで敗退しました。
最後のヒートは途中からの潮の変わり方や流れ、その影響で待つポジションも変わり、
急激に波数が少なくサイズダウンしていくのが早かったことに気づけず、
スモールコンディションの中、早く二本目をそろえて先攻できなかった事が敗因の一つだったと思います。
また次の試合に向け集中していきます。

 

Last Summer.

WSL×JPSA Billabong Pro Shikoku – 1st.

6月3日から5日間にわたって、四国・生見ビーチで行われた『Billabong Pro Shikoku』。
波は小さく、コンディションは決して良くはなかったのですが、
日本のトッププロたちが集まった、日本プロ史上初めてのWSLとJPSAの共同開催試合で、
しかも僕のホームである生見ビーチで優勝できたことは、本当に本当に嬉しいです。

ここ四国・生見でコンテストを開催してくださったスポンサーや、たくさんのギャラリー、
地元の友人たち、応援してくださったすべてのみなさんに心から感謝します。

今日からはまた次のコンテストに向かって、準備していきたいと思います。
ありがとうございました。

 

Photos:Sadahiko Yamamoto

yujiro tsuji_MG_6446 mens_MG_6805 yujiro tsuji_U0A5526 yujiro tsuji_U0A3483 yujiro tsuji_U0A3323

Throw back Australia.

Videography by Takaichi Sasahara

Japan Action Sports Awards 2015

3月19日(木)、東京・渋谷で行われたJASA AWARDS 2015で『Surfer of the Year』を受賞させていただきました。
2014年は5年振りにJPSAツアーを全戦フォローし、いくつか海外のコンテストにも参戦しました。
自分にとって今まで以上にたくさんの人々に支えていただいた年でもあり、本当に忘れられない年となりました。
JPSAのタイトルだけでも十分でしたが、更にこのような栄誉ある賞を受賞させていただき感無量です。
今シーズンの国内戦がいよいよスタートしますが、これからもコンテストを頑張っていくことはもちろん、
次の世代を担う子供達にこの素晴らしい環境を残せていけるよう、いろいろな事を経験、勉強し、
良い影響を与えられるサーファーになれるよう頑張って行きたいとも思っています。

YouTube Preview Image