View from the Broadcast Booth.

2013パイプラインマスターズも明日、いよいよ最終日です。
トリプルクラウンチャンピオン、そしてワールドチャンピオンが決まる今年のマスターズファイナルデイは
10feetのソリッドパイプラインで行われそうです。
明日は脇田貴之プロ、堀口真平プロとともに日本語ライブ放送のコメンテーターをさせていただきながら、
僕自身のこれからのサーフィンの更なるグレードアップにつながるよう、
ワールドトップサーファーがどんな波をどんなふうにどんなライン取りでメイクしてくるのか、しっかり勉強したいと思います。

 
Dec.11 / Day-2
PastedGraphic-2

Look back on typhoon swell 2013 – 2

Inamura Surfing Classic
Filmed:Japan Goose

 

Location:Inamuragasaki
Photos:Colors Magazine-Yoge
IMG_5840IMG_5841
IMG_5842
IMG_5843IMG_5844IMG_5845IMG_5846IMG_5847IMG_5848IMG_5849IMG_5850IMG_5851IMG_5852IMG_5853IMG_5854IMG_5855IMG_5856IMG_5857IMG_5858IMG_5859IMG_5860

KAIFU Cruising

303 – Zen model

Taiwan Open of Surfing (1star) – 2nd

台湾で行われた今年最後のコンテストは準優勝でした。
波は少し柔らかくクセもありましたが、なんとかファイナルまで勝ち上がることができました。
台湾は人も自然も素晴らしく、まだまだ隠されたポイントがたくさんあることも知りました。
明日からはTOOLSチームの撮影も始まるので、台湾の波を満喫し、良い写真も残して帰りたいと思います。

 

写真

Be Surf, Be Green

Be Wet の秋冬カタログです。

僕が愛用しているBe Wetのウエットスーツは柔らかさはもちろん、保温瀬に優れ、なおかつ自然に対してとても易しい、
環境のことも考えた最先端の技術を駆使した日本唯一のウエットスーツメーカーです。

<Energy Saving>
Be wetを作っているBPDウエアハウス(千葉県、一松工場)は、
ウエットスーツの生産に必要な電力の56%を太陽光発電でまかなっていて、
省エネを進めるため光ダクトを屋上に設置し、太陽の光が一階まで届くようになっていたり、冷暖房もLPGヒートポンプを採用。そして工場の全ての窓に紫外線カットフィルムを施すことにより、電力の極小化にも努めているエコな工場です。

<Limestone and…>
Be Wetのネオプレーン原料は、サンゴや有孔虫などが堆積した国産100%の石灰岩(Lomestone)を使用しています。
日本産の石灰岩は、ハワイ諸島を中心とした外洋で形成されているために他の岩石がまざりずらく、
世界的にとても純度が高いのが特長。
この他、コーンオイルをスポンジの柔軟剤に使用することによる75.5%の脱石油化も実現。
糸(ポリエステル繊維)は石油から精製される原料と同一品質の、ペットボトルリサイクル品を使用しています。

<100% Recycle>
そしてBPDウエアハウスでは生産物をゴミとせず、100%の再利用を目指し、
生産の過程で出る端材と使用済みウエットを回収し、火力発電の燃料として再利用しています。
ウエットスーツは石炭や石油のかわりに、ハイプラスチックのチッピとして、苫小牧の発電プラントまで運ばれています。

<1% for the Planet>
未来の子供たちへ美しい自然をのこしたいという願いから、Be Wetは環境保護の手段として、
信頼できるNPO活動を監視支援する「1% for the Planet」を通じて、環境保護団体へ寄付されています。

僕がBe Wetにサポートしていただくようになってから、早10年。
Be wetをつくる(株)サンコー/BPDウエアハウスはサーファーのために、環境のために、
そして未来の地球、子供たちのために、自分たちができることを探求し続けています。
僕もそんな素晴らしいウエットスーツ作りのブランドのチームの一員として、
それに恥じないようサーファーとして、ひとりの人間として精進し続けていけたらと思っています。

 

IMG_2707

Malibu Hyuga Pro – 4th

今大会はJPSAのバリ島・クラマス以来のファイナルになりました。
波は腰からファイナルデイににかけて頭オーバーにまでサイズアップし、コンテストには十分な波となりました。
ファイナルでは気持ちがまとまらず、もっと気楽にサーフィンしていたら勝てたのかなと思います。
でも、楽しんでいただけたかはわからないけれど、僕自身本当に楽しくサーフィンできました。
コンテストに縛られすぎず自分のやりたいように自由にサーフィンできたと思います。

 

Photos:Sadahiko Yamamoto
wqs yujiro tsuji_Q2H4218
wqs yujiro tsuji_Q2H7973
wqs yujiro tsuji_Q2H9138
wqs yujiro tsuji_Q2H8863
wqs_MG_6627 1