Inamura Surfing Classic 2013

9月26日、湘南・稲村ケ崎で24年振りとなった”稲村サーフィンクラシック”に出場させていただきました。
波はスモールコンディションでしたが朝一はクリーンな3~4feetの波に恵まれ、
チューブを抜けると日本のコンテストとは思えない大勢の観客の歓声が地響きとなり、
ライディングしているこちらにまで聞こえてきたのを今でも覚えています。
この大会で改めてここ湘南が素晴らしいサーフタウンだということも実感できました。
試合後は稲村ケ崎周辺をぶらりと探索し、湘南のゆったりとした雰囲気を味わうこともでき良かったです。
3000人以上のギャラリーが集まる前でサーフィンができたことはとても良い、そして素晴らしい経験になりました。
この大会に関わった皆様、ギャラリーの皆様に感謝したいと思います。ありがとうございます。

 

Photos:Kenji Sahara

IMG_1867
IMG_1868
IMG_1869
IMG_1870
IMG_1871
IMG_1872
IMG_1873
IMG_1874
IMG_1875

short summer vacation

Reef Pro El Salvador (6 star) – Round of 144,96

久々にの良い波での試合、フリーサーフィンで世界のトップの現実を見せつけられた6starでした。
今回敗因がたくさんすぎて書くことができないくらいです。
ダメなところだらけでしたが、一つ、二つ自信になることもありました。
一人で大会に出場することでまた良い部分も、自分の悪い部分も見えたと思います。
今回で勉強した事、あの厳しい環境で鍛えられたメンタルを、日本へ帰国しても忘れないようにしたいです。

 

day1_09 day1_02

Surf Open Acapulco (4 star) – Round of 128, 96, 64

ロサンゼルスからヒューストンに飛び、そこからもう1フライト飛んでやってきたメキシコはアカプルコ。
ビーチにはバリのようなワロン風の建物があり、週末になるとかなりの人達が海で海水浴を楽しんでいます。
水は温く、気候もかなり暑いので水分、塩分をなるべく多く取るように気をつけながら過ごす毎日。
大会が始まる前の波のサイズは常に3feetほどありましたが、
少しバックウォッシュやよれの入るトリッキーなコンディションの中、徐々にサイズダウンしています。

DSC_0562

 

ASP 4star『Surf Open Acaplco』はレイトエントリーになってしまい、ラウンド1からの出場となりました。
ラウンドオブ128、ラウンドオブ96は、エクセレントスコアこそ出せませんでしたが勝ち上がり、
そして大会3日目。トップシードのラウンドオブ64では、波とのタイミングが全く合わず空回りでした。
波は少しバックウォッシュを受けながらブレイクが速く、良い波に乗ることが絶対条件でした。
相手選手に良い波をことごとく乗られ、まったく何もできませんでした。
移動する場所、移動する場所で波が来なくなってしまい完璧なポジショニングのミスだったと思います。

vista-soa1-500x300

First trip to Baja – 2

今回は試合を終えた後、バハカリフォルニアトリップでのフリーサーフィン撮影があり、
ほぼ2日間でしたが、天候にも恵まれ、良い時間になりました。
サボテンだらけの道を3、40分かけて抜けていくポイントが多く、
道中にはほぼ野生のヤギ、ロバなどの動物たちが生活していて、触れ合うこともできました。
自分のサーフィンも土屋さんの写真で確認することができ、
次に向けてのモチベーションアップ、勉強にもなりました。
次は試合でないときに、もっともっといろんなポイントへ行ってみたいと思えるトリップでした。

 

Riding photos:Takahiro Tsuchiya

Ta1306Mex_3042Ta1306Mex_3132DSC_0441

Los Cabos Open of Surf (6 star) – Round of 144

カボサンルーカスでの大会は波も小さく、予想どおり波の取り合いの激しい試合になりました。
一本目で6点を出し二本目で4点と早い段階で低い点数ではありましたがまとめることができてしまったせいか後半は、
自分のスコアを伸ばすことも考えましたが、良い波も少なかったので相手に奥を譲らずマークする戦い方になりました。
残り2分3位の選手が3.8必要な状態でサイズの小さいスコアを出せるか出せないか微妙な波がきました。
僕は3位の選手より奥にポジショニングしていたので相手に乗せないこともできました。
ひっぱるだけひっぱり自分的にはもうダンパーで抜けれないだろうというところまで待って、相手を波に乗せました。
裏にはセットが来ていたのでそっちに乗られた方が断然逆転される可能性があると思ったからです。
結果、手前のその波で相手が4点をスコアして逆転されてしまいました。
あの状況なら逆転された波に自分も十分乗る事ができたので、

乗るだけ乗ってすぐにプルアウトしすぐ次の波も追いかけ乗せないようにする、
それが残り2分最後の状況でヒートを勝ち上がるためのベストな判断だったかと思います。

 

 

First trip to Baja California

今、メキシコ。バハカリフォルニアのカボサンルーカスに、ASP6☆に出場するため来ています。
今日は波が小さく、明日も小さそうですが、朝の波次第で大会が行われるかどうか決まりそうです。
会場はライトのリーフブレイクなので、バックサイドでしっかりスコアを稼いで勝ち上がりたいです。

 

1011696_386339021472891_804553711_n

Quiksilver Open Japan (4 star) – Round of 64

僕にとっては、久しぶりの千葉での試合でしたが、今回は波の状況をしっかり理解できず、
ヒート中にこのポジションではないかもと気づきながらも、そこから移動できませんでした。
今回もコンディションの変化に対応できない自分の成長のなさが見えました。
地元の波をよく知る先輩達からもっとアドバイスをもらうこともできたはずだと反省。
もっと貪欲に苦手な事を理解していかなければ、ということを教えてもらった試合でした。

 

Photo:Sadahiko Yamamoto
yujiro tsuji_Q2H7493